子が産まれたししゃもブログ

毎日がイベント。・・・?

断乳をした私の1週間の実体験の記録をお話しします

f:id:sisyamozuzu:20211107085702j:image

今日もまたアオと言い合い。

最近口が達者になってちゃんと文句言ってくるからさ〜。

自分も同じになって言い返してしまう(^◇^;)

2歳の頃のアオは保育園でブームなのか「おっぱい」が口癖だったな〜。

アオが困った時やふざけている時に言ってくる。  

こうやって周りの大人たちの気を引いて笑かそうとしていたなぁ。

しょうがないよね、 2歳児なんだから・・・。

そのおっぱいエピソードから、断乳で結構手こずったな〜なんて思い返してさ。

実は1回失敗しているんだよねぇ〜。

2回目でちゃんと成功したんだけどね。

やり方とかどうしたらいいのか分からなすぎて大変だった記憶が蘇ってくるな〜。

今回は1週間で断乳できた日までの記録を残しておくことにした!

 

 

 

断乳したいと思った理由

断乳をしたのは、おもちが1歳3ヶ月の頃。

私も働き始めて、おもちも保育園に預け始めたのがきっかけ。

仕事が終わっておもちを迎えると、おっぱいをせがまれる。

夕飯を作る前におっぱいをあげて、離乳食も固形物を多めにしていたけど、ご飯は2、3口でまたおっぱい。  

「このままだとご飯を食べなくなるんじゃね?」

そんな不安が頭をよぎるわけさ。

 夜寝る時は添い乳しながらじゃないと眠らないしさ。

おっぱいを自然に卒業できるかが不安になって断乳を決意!!!

凄く色々調べて、友人にも聞いたり、お義母さんやお義姉さんにも聞きまくった。

結局は自然に離れていった、とか元々おっぱいで育てる予定じゃなかった、とかの体験談ばかり。

私はおっぱいを飲むのは自然な行動なのに、アオの意思を反してしまっていいのか。と考えたり・・・。

断乳したいのにいつかやろうと先延ばしにしてたんだけどね。

仕事が連休の時にやるしかない!と実行。

連休だと私が寝不足になってもいいや!と割り切れるから。

そのことを事前におじさんに、協力して欲しいと伝えた。

 

そもそも断乳は赤ちゃんにとって悪なの?

悪ではないと思う。

その子自体もご飯に慣れて行くし、口から咀嚼して栄養を摂っていかないといけないからね。

お母さんが楽したいから?

なんて自分を責めがちなんだよね。

私もそうだったけど、いずれ離れていくものだから。

・タイミングは離乳食を始めていって、その子がしっかり離乳食を食べ始めてから断乳を考えた方が良さそう。

・栄養面やその子の生活リズム、ルーティンを作ってあげることが最低限のルールだと思うなぁ。

 

このブログを見ている方既にいろんなサイトで調べたり、情報収集してる方がほとんどかと。

私が断乳する際に感じたのは、おもちはただただ、安心したいのかなって。

授乳している方は感じると思うけど、赤ちゃんと肌と肌が触れ合っている時って自分まで愛に包まれているような、どこか安心する気持ちにならない?!!?

私たち親ってさ、 よし!断乳しよう! って決断して行動するまでは覚悟を作る時間があるっしょ?

もちろん私も断乳はいいのか、ダメなのか。

やり方などを調べて気持ちを徐々に固めていったんだけどさ。

でもさ、子供からしたら急なことってのを忘れないでほしいな。

通じないかもしれないけど言葉で伝えたり、少しずつおっぱいから離れさせた方が私的にはスムーズに行ったように感じた。

 

ステップ別に書いてみたよ。

www.sisyamoblog.com

 

 

6日間の断乳の方法とメンタル

おっぱいから離れたのは1週間くらい。

私の場合の流れは日中は飲ませて、添い乳を無くそうと計画した。

断乳の様子をなんと!! メモを残していたのでご紹介するね(*^◯^*)

じゃあ私とアオの激動の6日間の記録を公開するね。

 

日中は保育園のため、帰ってきてから飲む。
夜は寝る時にあげながら寝る
夜中ぐずっておっぱいあげる
朝まで寝る
 

のがいつもの流れ。  

 

1日目 疲れるの待ち

日中はお菓子をあげたり、水分を多めに飲ませませた。

おっぱいを欲しがったら変わらずあげていた。

さぁ問題は夜です。

職場の人のアドバイスはこう!

「寝る時におっぱいを飲ます代わりにお水をあげてたら自然に離れていった。」

らしい。ほうほう。

とりあえずやったのは、すぐお水を飲ませられるように、ちっちゃい水筒を枕元に用意。

いつも使っているもの。

いよいよ夜。

添い乳で寝かして、ぐずって起きたからお水を飲まそうとするけど、飲まないでギャン泣き。

けどここは心を鬼にして、おっぱいはあげずに、抱っこであやす。

ずっと泣いていて、疲れるの待ちって感じ。 

結局水もおっぱいもあげていない。

時間は計っていませんが、体感40分

覚悟していたのでどうにか耐えれた〜〜。

おじさんは手伝おうとしてくれましたが、寝かせた。 (これは後日キツくなった時にやらせようって根端)  

 

2日目 激しい夜泣き

日中は遊んだりお菓子をあげたりして気を紛らわす。

おっぱいは食後のデザートのイメージで。

おっぱい がパンパンに張り始めてきた。

下乳が、んもー!カチカチ。

え?岩入ってる?ってくらい(笑)

私は結構母乳出るタイプだったから、頻回授乳だった頃を思い出す〜。

すぐにおっぱい 張って、アオ!早よ飲んでおくれ!って感じだったな。

この日の夜は眠れないくらい張って痛かったからさすがに搾乳機で少し絞った。

目安はちょっとだけ楽になるくらい。

カチコチは残したまんまで。

アオは飲まないことに慣れていって、私のおっぱいもあげないことに慣れて行かないといけないんだよね〜。

徐々に徐々に。焦らない。

母乳はどんどん作られていくから、搾乳をある程度しないとおっぱいに負担がかかるって感じた。搾乳したのは捨てた。

この夜のおもちの夜泣きは激しく感じた。

いつもおっぱいあげてたんだよ。

この時はおじさんも協力してもらって交互に抱っこした。

3〜4回くらいかな?起きたのは。

こっちも泣きたいよー!!おっぱい 痛いし。(泣)

またまた心を鬼にして疲れるのを待って寝かした。

 

3日目 カチコチのおっぱい

朝、張りがヤバくて少し搾乳しました。

この日は手を上げられないくらい痛かった( ;  ; )

脇のリンパらへんかな?

ケーキとかに付いてるような保冷剤を両脇に仕込んで(ブラの中に入れた)一日中過ごしたよー。

予備とかあれば溶けたら交代しながらできたけど・・・。

冷やして→使ってを繰り返してたね。

冷やすと痛さはかなり落ち着くわけ。

張りは変わらなかったけど、かなり楽だったね。

夜に一回だけ絞って終わり。

おもちもおっぱいを欲しがる頻度が減ってきた!  

おっぱいは欲しがったら、食後のデザートのイメージであげた。

 

4日目 夜泣きが減ってくる

おっぱいの張りが昨日よりはマシになってきたような・・・。

でもカチコチなのは変わらないよ。

この日からお風呂入りながら手で絞ることにした。

私がちょっと楽になるくらい!が目安 (出し過ぎるとミルクが造られるから少し楽になるくらい)

搾乳機は使わないようにしたよ。

 

アオも徐々におっぱいを求めなくなってきた。

おっぱいを見て、指差して「おっぱい?」って言ってくる。

「そうだねぇ、おっぱいだねぇ。じゃあご飯食べよ!」ってご飯をあげる。

その繰り返しがあるけど、泣いたりするわけではない。

この日はおっぱいを求めてきても、あげないでみた。

その代わり、お話ししたり、ジュースをあげたりして気を逸らしてみたら意外に大丈夫だった。

 

ごはんも沢山たべて、何より夜眠るようになった!

夜泣きは二回に減ってきた。

でもよしよしするとすぐに寝てくれるようになった。

おっぱいはあげてない。

 

でもアオはまだ不安があるのかな?って感じる。

 

5日目 ちょっと寂しい

昨日と同じような感じ。

アオも私も慣れてきた。

私もおっぱいが少しずつなくなる生活に・・・。

なんだかちょっと寂しい感じ。

きっとアオも最初はそんな気持ちだったんだろうなぁ。

この日もグズったらお水をあげて、おっぱいはあげていない。  

 

6日目 同じような感じ

やはり夜泣きはあるものの、お水で対応して、よしよしして寝かしつける。

アオも慣れてきておっぱいが離れていたかな。

日中も食べ物などで誤魔化して←(笑)

おっぱいは、求めなくなった。

 

断乳中と後のケアと必須アイテム

保冷剤

これは必須! 

4個用意してたけど、足りなかった(笑)

保冷剤をガーゼで包んで1つずつ胸に当ててブラで固定。

溶けてきたらもう2個の凍ってるのと交換するってね。 

隙あらば冷やしていた。

もうね、お風呂以外はつけてた(^◇^;)

おっぱいをやめていくとさ、子どもも辛いけど私たち母親もおっぱいが張ってきて痛くて辛い(笑)

 すッごいおっぱいが熱を持つ。

飲まなくなるので、母乳がどんどん溜まっていくんだよね。

おっぱいも作るぜ〜!!モードがまだあるからさ、どんどん作られていくんだけどね。

急に止めてしまうと詰まったりして、乳腺炎の原因にもなるから注意。

私は幸い乳腺炎にはならなかったけど、ならないために、ひたすら冷やした。

冷やすと母乳の分泌が抑えられて痛みの軽減になるみたい。

 

圧乳

これは、お風呂の時にやった。

手をおにぎりみたいな形にして、おっぱいに圧をかけてあげる。

そしたら、母乳が出てきて少しおっぱいが楽になる。

私はこの圧乳をおっぱいが張って痛いと思わなくなる日までやった。

 

断乳のメリット

不安からの解放。

この子はずっとおっぱいを吸い続けるのか。 栄養は足りてくるのか?

その気持ちがなくなり、ご飯を食べてくれるようになりました。 前に進めた気持ちになります。  

 

断乳のデメリット

心を鬼にしないとダメ

私は1回失敗したので、今回こそ貫き通そうと決めました!

そうでないと、子供もかわいそうだなって思います。 繰り返しにならないように心を強くもつことが大事です。

 

案外寂しい

決めたことなんだよね。分かってるけど求められないと寂しいもんだよね。

断乳して1ヶ月後に、

「おっぱい飲む?」と聞くと、
「いやっ飲まない。」と恥ずかしそうに言いよった。
おっぱい飲んでたの覚えてないのかよってくらい拒絶(笑)
 

おっぱいがしぼむ?!

はい、しぼみますよ〜。

断乳後1年半経った今、しぼんだままですよ〜。

対策すればよかった( ;  ; )

今、色々試しているので結果が出てきたら報告したい!  

 

まとめ

今回は 断乳を決意した理由 ・断乳は悪なのか ・約1週間の断乳方法 ・ケアの仕方・必須アイテム ・断乳のメリット、デメリット について書いてみた〜。

断乳について私はすごく悩んでいたからさ。

最初でも言ったけど、

この子にとって悪影響になるのではないのか?

自然に反してしまったのでは?

私のわがままではないのか?

子供を置いてまで仕事をしないといけないのか?

って色々自分を責めようとしたんだよね。

けどいろんな方のブログを探して参考にしたり、周りの経験者に聞いてみたりした。

私の考えとは違う、私のライフスタイルとは違うって、どこか私が断乳を決断するのに背中を押してもらいたかったのもある

もし断乳を考えている方がいて悩んでいる方がこのブログを見ているのなら、伝えたい。

あなたの判断は間違っていませんし、子供は可哀想ではないです。

でも、やるからには強い気持ちを持って断乳に向けて頑張って欲しい。

最後まで見ていただいてありがとうございました。

「赤ちゃんがいる生活」がより良いものであるといいな(о´∀`о)    

 

 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ